間宮商店 -海に幸あり、食の幸あれ。三陸塩釜の干物-無添加手作り五十年-

楽天市場 お求めはこちらから

年末の仲卸市場は大人気

2016年も今日を入れて残り2日です。

今年はいろいろなことにチャレンジした年でしたので1年がすぎるのがとても早かったように思います。

おむすび、煮魚、ホームページリニューアルなどとりあえずやってみよう精神で駆け抜けてきました。

 

年末といえば年越しの準備はお済みでしょうか?
魚の街、塩釜では仙台など近隣の方の買い出しで仲卸市場が、まさに宮城の台所という感じで例年通り大変な賑わいとなっています。

このような昔ながらの仲卸市場の雰囲気の市場は現在はあまり多くはなく、古き良き魚屋の活気の良さが買い物をせずに歩いているだけでも味わえる恰好の観光スポットにもなっています。

まるで築地の場内のような雰囲気です。築地は移転が決まっているので、このような風景がさらに希少になっていきますね。

 

とにかく仲卸さんとお客様の距離がとても近く、値段交渉などで結構安くなったりするので周りで聞いているだけでも結構楽しいです。

生マグロのブロックもこのような感じで買えるのは仲卸市場ならでは

 

間宮商店は仲卸市場のちょうど東隣にあるのでその盛り上がりがヒシヒシと伝わってきます。

間宮商店の直売所前では塩釜汁のお振る舞いサービスを行っています。

本日分は予定数が終了してしまいましたが、明日の最終日もたっぷりご用意はしておりますが、ものの1〜2時間でなくなってしまうようなのです。ご高評の「うみおむすび」も開始30分で完売してしまいましたので早めのご来店がおすすめです。

お店のオープンは朝8:30からとなっておりますが仲卸市場は5:00前からやっているお店も多いので港町の朝の雰囲気をぜひ味わってみてください。